椿油ヘアケアシリーズ

古くは平安時代から日本女性の「みどりの黒髪」を支えてきた椿油。この伝統美容素材の実力を現代のヘアケアに活かしました。つや出し、トリートメント、セット。自由自在の仕上がりです。

お取扱店舗についてはこちらをご参照ください。

精製椿油
REFINED CAMELLIA OIL

50mL 希望小売価格 ¥3,500(税別)

伊豆利島産・一番搾りの無農薬椿油を精製脱臭したオイルです。さらりと軽い感触でべたつかず、うるおいとツヤを与えます。

頭皮へのオイルパック、お風呂での肌に塗るだけパック、アロママッサージのキャリアオイルとしてもすぐれています。

 

全成分:ツバキ種子油

▲ このページの先頭へ

椿油
CAMELLIA OIL

50mL 希望小売価格 ¥2,500(税別)

伊豆利島産・一番搾りの無農薬椿油です。髪にうるおいと美しいツヤを与え、キューティクルを守ります。全身にもおすすめします。

頭皮へのオイルパック、お風呂での肌に塗るだけパック、アロママッサージのキャリアオイルとしてもすぐれています。

 

全成分:ツバキ種子油

▲ このページの先頭へ

トリートメントヘアスプレー
TREATMENT HAIR SPRAY

NET95g 希望小売価格 ¥1,200(税別)

椿の本場、伊豆利島等国内産の無農薬椿油を精製・活性白土で脱臭して、使いやすいスプレータイプに。髪のお手入れを中心に、スキンケアなどにも幅広く使用できます。

パンフレットを見る(PDF:923KB)

軽くふって、適量を髪に吹きつけます。その後軽くブラッシングしてなじませます。

 

全成分:LPG、ツバキ種子油

▲ このページの先頭へ

ヘアクリーム
HAIR CREAM

90g 希望小売価格 ¥2,000(税別)

無農薬椿油、オリーブ油、ラベンダー油を贅沢に配合したヘアクリーム。ぱさつく髪を自然にまとめるトリートメントタイプ。ツヤのある美しい髪でいきいきとした雰囲気に。

適量を手にとり、髪にまんべんなく、または部分的につけてセットします。さっぱりしたいときはピュアミストでうすめてのご使用も効果的です。

 

全成分:水、ツバキ種子油、BG、イソステアリン酸、ベヘニルアルコール、水添ヤシ油、オリーブ油、パルミチン酸セチル、グリセリン、ジメチコン、バチルアルコール、ホホバ油、ステアリン酸ポリグリセリル −5、イソステアリン酸ポリグリセリル−2、ステアリン酸ポリグリセリル−10、フェノキシエタノール、メタリン酸Na、香料、ラベンダー油、ヒノキチオール、トコフェロール

▲ このページの先頭へ

ミルキィ スタイリングフォーム
MILKY STYLING FOAM

200g 希望小売価格 ¥1,800(税別)

合成ポリマー系を使用せず、ミルクに含まれるタンパク質(ミルクカゼイン)の凝固力を活かしたヘアムース。重たくならずにしっかりウェーブをキープします。セミハードタイプ。

よくふって、容器を下にむけて手のひらに出します。よりハードに仕上げたい場合は、半乾きの髪にフォームをなじませた後、ピュアミストをふきかけます。(セットした後にブラシはいれないことをおすすめします。)

 

全成分:水、エタノール、LPG、BG(植物由来)、カゼインNa、デシルグルコシド、ツバキ種子油、フムスエキス、ポリ−ε−リシン 、フィチン酸、酸化銀、加水分解コラーゲン、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、ヒバマタエキス、アルギニン

▲ このページの先頭へ

ヘアトニック
HAIR TONIC

150mL 希望小売価格 ¥4,500(税別)

有機黄金生姜と無農薬椿油の養毛料です。食養生の“お手当て法”のひとつ、『生姜油』にヒントを得て開発しました。頭皮マッサージを習慣にして血行を促進し、豊かな髪を育みましょう。

 

全成分:水、プロパンジオール、エタノール、グリセリン、ロサアルバ花水*、ショウガ根茎エキス*、ケンフェリアパルビフロラ根茎エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、フムスエキス、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、パンテノール、レブリン酸Na、アニス酸Na、ババス油グリセレス-8エステルズ、ジオレイン酸ポリグリセリル-5、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸Na、クエン酸、メタリン酸Na、トコフェロール、ローズマリー葉エキス*、セージ葉エキス*、ビルベリー葉エキス*、ツバキ種子油、コメヌカ油、カニナバラ果実油  *印はオーガニック認定原料

▲ このページの先頭へ

※色見本や写真の色彩は閲覧環境によって異なります。あくまで目安とお考えください。
※化粧品はすべての方にアレルギーがおきないわけではありません。特に肌への負担が気になる方は、皮膚科医にご相談のうえ、パッチテストされてからご使用になることをおすすめします。また、お肌に合わない場合はご使用をおやめください。